育毛剤

育毛剤若いうち(10代)から使うべき?【中学・高校・20代前半】

ミスターK
ミスターK
薄毛の人を見かけた時に心の中で笑っているそこのあなた!
ミセスR
ミセスR
もしかしたら将来自分が薄毛に悩まされるかもしれませんよ。
ミセスR
ミセスR
将来薄毛で悩みたくないのであれば育毛剤を使った早めの対策が必要です。
今回は若いうちからの育毛剤の使用をテーマに下記の内容をまとめました。
結論へジャンプ
ミスターK
ミスターK
若いうちに薄毛対策をしたい人はもちろん、自分に薄毛対策が必要かどうか気になっている人も参考にしてみてください。

育毛剤は若いうちから使ってもOK【発毛剤や医薬品系はNG】

若いうちからでも育毛剤を使って薄毛対策をすることは問題ありません。

しかし、若い人(特に未成年)が発毛剤などの医薬品を使うことは禁止されているので注意が必要です。

ミスターK
ミスターK

育毛剤は医薬部外品に分類され、配合成分による副作用のリスクも低く安全性の高い商品とされています。
一方、医薬品は医薬部外品よりも効果が期待しやすいものの、副作用リスクが高い商品です。

特に発毛剤やAGA治療薬に配合されるミノキシジルは副作用としてホルモンバランスを乱すなど悪影響を及ぼす可能性があります。
ホルモンバランスの乱れによって体の成長発達が不十分にならないように、若いうちに発毛剤やAGA治療薬といった医薬品を使用することを禁止しているのです。

若いうちから薄毛対策を考えているのであれば安全性の高い育毛剤を使ってください。

副作用リスクの低い育毛剤

↑目次に戻る↑

こんな人は早めに育毛剤を使うべき

ミスターK
ミスターK
将来薄毛に悩まされるかどうかわからない人も多いのではないでしょうか?
髪の毛があるうちは薄毛とは無縁ですからね。

しかし、いつ薄毛の悩みに襲われるかわかりません。
特に下記の条件に当てはまる人は早め育毛剤による薄毛対策を行うことをおすすめします。

早めに育毛剤を使うべき人

1つずつ解説していくので自分が当てはまっていないか確認してみてくださいね。

↑目次に戻る↑

薄毛家系

薄毛家系

薄毛の原因の多くがAGAと言われています。

AGAは遺伝性が強く、薄毛家系の人はAGAが発症することも珍しくありません。
1度AGAが発症してしまうと育毛剤で対処することは難しく、クリニックでAGA治療を行うなど改善にお金と時間がかかってしまいます。
そうなる前に育毛剤でAGA予防を図るのがおすすめ。

AGA予防におすすめの育毛剤はチャップアップです。
AGAの原因となる酵素の5αリダクターゼの分泌を抑制する成分を配合しており、早い段階で使用することでAGA発症のリスクを下げることができます。

もともと髪にコシがない人

もともと髪にコシがない人

もともと髪にコシがない場合、髪に十分な栄養が届いていない可能性が考えられます。
頭皮の状態が悪く血行不良が続いていると栄養が届きにくく、コシのない弱々しい髪になってしまうのです。

育毛剤は頭皮の状態を改善するため、炎症予防や血行促進の効果が期待できる成分が配合されていることがほとんど。
髪にコシがなく頭皮の状態が悪いと考えられる人は育毛剤で頭皮の状態を測ることをおすすめします。

ストレスが溜まりやすい人

ストレスが溜まりやすい人

過度なストレスも髪に悪影響を及ぼします。
ストレスが溜まって肌が荒れてしまった経験はありませんか?ストレスが溜まると顔だけでなく、頭皮も荒れてしまう可能性があります。
また、過度なストレスは血行不良や睡眠不足など髪の成長を阻害する要因を引き起こしやすいので要注意。

適度にストレスを発散することはもちろん、過度なストレスによって頭皮や髪の状態が悪くなる前に育毛剤で対策することをおすすめします。

タバコを吸う人

タバコを吸う人

タバコに含まれるニコチンが髪に及ぼす悪影響はさまざま。
ニコチンは自律神経のバランスを崩しやすく、乱れた自律神経によって過剰に皮脂が分泌されてしまいます。
過剰に分泌された皮脂による頭皮の毛穴詰まりは髪の大敵。髪が生えなくなったり、細い髪しか生えてこなくなったりと薄毛の原因となります。

また、ニコチンによる毛細血管の収縮にも要注意。血管が収縮することで血行不良となり、髪に栄養を届けにくくなります。
タバコの本数を減らすなどニコチンの摂取量を減らしながら、育毛剤の成分で頭皮や髪にプラスの働きかけをしてくださいね。

生活習慣が不規則な人

生活習慣が不規則な人

不規則な食事はもちろんのこと、不規則な生活習慣、特に睡眠不足だったり寝る時間がバラバラだったりする人は要注意!

頭皮や髪は睡眠中に紫外線やストレスで受けたダメージを修復します。睡眠不足だとダメージの修復が難しく、徐々に髪が傷んでしまうのです。
また、寝る時間にも注意が必要です。髪の成長を促す成長ホルモンは22時〜2時の間に分泌量が多くなります。

この時間に起きていると成長ホルモンの恩恵を受けることができず、髪が十分に育ちません。
規則正しい生活習慣を心掛けるとともに、育毛剤でより髪が成長しやすい環境を整えることをおすすめします。

↑目次に戻る↑

こんな人はまだ育毛剤を使わなくてOK

薄毛が進行してしまう前に育毛剤で対策した方が良いのはもちろんですが、下記のような人は育毛剤で対策する必要はありません。

育毛剤をまだ使わなくてもいい人

自分が当てはまるか確認し、育毛剤で対策するかどうか検討してみてくださいね。

遺伝的に安全

前述したように多くの薄毛の原因とされているAGAは遺伝性の強いもの。

薄毛家系であればAGA発症の可能性が高いものの、薄毛家系でなければAGAが発症する可能性は低いと考えられます。
家族が薄毛に悩んでおらず、髪がしっかりしているのであれば遺伝的に安全と言えるため、育毛剤で無理に対策する必要はありませんよ。

ストレスがなく健康体の人

前述したように過度なストレスによる血行不良や睡眠不足は薄毛の原因です。
普段からストレスを発散できている、十分な睡眠時間を確保できているという人は頭皮や髪の状態が悪くなりにくく、成長が阻害される可能性は低いと言えます。

ストレスを溜め込まず、十分な睡眠時間を確保できているのであれば、育毛剤でわざわざ薄毛対策を図る必要はありませんよ。

まとめ

ミスターK
ミスターK
育毛剤は若いうちに使用できるため、将来の薄毛が心配な人は早めに使って薄毛予防をすることをおすすめします。
特に下記の条件に当てはまる人は将来薄毛になる可能性が高め。
結論
特に育毛剤を早く使った方がいい人
こんな人はまだ育毛剤を使わなくても良い

薄毛が進行してからでは多くの時間とお金がかかってしまいます。薄毛に悩まされる前に育毛剤で早めの薄毛予防を心掛けましょう。

↑目次に戻る↑